<< くちびるに銀の弾丸 秀香穂里 ill.祭河ななを | main | BLCD ラブネコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
雪よ林檎の香のごとく 一穂ミチ ill.竹美家らら
周りの高評価と表紙の繊細なイラストに惹かれて購入しましたが、
うーん…良くも悪くも新人さんらしい作品だと思いました。
最後まで読ませる魅力はあるのですが
文章と内容の若さについていけない部分も多かったです。

拍手する


先生×生徒。

文章が少し苦手でした。
竹美家さんの水彩画のような柔らかく透明感のある雰囲気に包まれるのに
ところどころ語彙の選択が軽くて馴染みこめない。
地の文に()書きの注釈を入れるのも世界観と合ってないかと。
あとはジェネレーションギャップなのでしょうか…。
始業時間前とはいえ学校で生徒の前でDSする教師に
かなり動揺してしまったのですけど。

キャラクターはすごく魅力的だと思いました。
トラウマを持った生徒を癒してくれた先生が
その明るい笑顔に裏にずっと深い傷を持っている。
最初は生意気だなと思った高校生の一途で真っ直ぐな想いと
彼から逃げる術しかない知らない先生の駆け引きが切ない。
こういうときに絶対、臆病になった大人は勝てないよなぁ。
ずっと一人でいると覚悟したその孤独に体当たりで殴りこんでくる。

「好きだよ。幸せにして」

その眩しくて優しい純粋さをようやく選べた先生に
ほっと安心してなんだか泣きそうになりました。

ただ、先生のトラウマに共感できなかったのが残念でした。
先生が一人で抱え込むことなのかなぁ。
婚約者と二股かけた彼女が自殺未遂をしたことで
先生一人悪者になってしまった状況にモヤモヤしてしまいました。
ここで泣けたら作品にもっとはまれたのでしょうけれど。

後半は急に電波な大学生が登場して引いてしまいました。
普通にいい人で終わらせたらダメだったのかな…。
幼馴染のりかちゃんのエピソードが可愛くて大好きだったので
もう少し違う読ませ方をして欲しかったかなぁと。

あと最後のえっちはダメだと思う…!
せっかく自分の高校時代の失敗から卒業までは絶対手を出さないって、

「……あと二年半あるよ」
「うん。でも、その後のほうがもっと長いから」


に感動したあの瞬間を返してくれ…!
少しのフライングなのですが、
気持ちよく二年半の放置プレイを完遂してからえっちと
構えてた身としてはすごく微妙でした。
だって、言葉に重みがなくなってしまう。



個人的には新人さんにしたら面白いのかなぁ、という評価です。
先生と生徒と幼馴染と主要登場人物は大好きでしたし、
文章も後半の方が断然上手くなってると思ったので
これからに期待してみたいと思います。
[BL小説]BL小説総合 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 18:22 | - | -
It comments.









Track back URL of this article
http://bldiary.jugem.jp/trackback/617
Track back