<< エスシリーズ1〜3 英田サキ ill.奈良千春 | main | 天涯の果て いとう由貴 ill.北畠あけ乃 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
エス -残光- 英田サキ ill.奈良千春
エス 残光
エス 残光
英田 サキ, 奈良 千春

前作では随分と辛口な感想を書きました。
今回もやっぱり気になるところは多かったのですが、最後まで読んでよかったと思えました。二人の行く末、あの終わり方好きです。ついでに、英田さんの文章どうして苦手だったかもわかってすっきりしました。
でも、やっぱり辛口ありです。(特に前半部分)苦手な方はご注意下さい。


エス裂罅の終わりでも、命懸けで守りあう関係にある相棒兼愛する人を置いて自己犠牲で解決しようとするのは身勝手だと感じました。でも、相手の思いを裏切ってでも守りたいものがあるという強い気持ちがあるなら、と切なくもなるのですが、随分と重大な決意をして行動を起こしている割にはやけに行き当たりばったりな感が強い。

五堂のところへ乗り込むときにもそうですが、一番引っかかったのは五堂が姉を殺したのは証拠がなくても本能が告げている、という文章。絶対的な自信があり、証拠が見つけられない故の焦燥からくるならまだ理解できますが、五堂からの肯定の言葉がないというぐらいで揺らぐ自信で刑事が人を殺すのは安易すぎるんじゃないかと。由佳里のために自分の思いを殺し秘かに五堂を追っていた義兄に対するひどい裏切りじゃないかと思いました。
結局、殺すことはないのですが、それも紀里の前では殺せないからというもの。でも五堂の近くに五堂を愛する人間(そのひとは何の罪もないひとかもしれない)の存在があるのは十分想定されることです。宗近や義兄を裏切って起こしている行動にしては考えが甘いように思います。

以下少々揚げ足取りです。
英田さんの文章が苦手な理由にも通じますが、固い決意だと表現しているのにそれが2、3行で覆されることが多いんですね。それで小さいモヤモヤが蓄積されていく感じ。
例えば
―――本当にいいのか。(略)もう後戻りはできないんだぞ。
という自身への問いかけの直後に、わずかな迷いもない、と。

五堂の返答次第では、自分が殺人犯になることが怖かった。
という文の直後に、そうなることを全く恐れていないという表現。
かと思うと、どんな返答があろうが殺すつもりだった、という文章があったり。

椎葉の目に強い光が戻ってきた。という後に無力な蛾に例えていたり。

こういうところにいちいちどっちなんだろうって
すごい気になって文章の流れに乗れないんです。
気にしすぎなんでしょうか。以上蛇足でした。


ここまで色々また辛口を並べ、読みながらも少し辛かったのですが、宗近の台詞で救われました。
「俺を守るためだろうが、姉の事件の真相を掴むためだろうが、言い訳にはならん。お前のしたことは、俺への裏切り行為だ」
彼の怒りですっきりしました。本当に。以降は、純粋に楽しめたと思います。
咬痕のように椎葉を手酷く扱ってくれてもいいのになと少し期待してしまいましたが今度は優しかったですね。宗近はやっぱりいい男だったし、本気で愛しているという言葉を告げた椎葉の台詞は胸にきました。英田さんの台詞のセンスはいつもすごい好みです。珍しく照れる椎葉は可愛かった。本気の想いでぶつかったから今まで見たいにやらしくなれなかったんですね。完結編読んでみてよかったです。

最後、椎葉はもう一度五堂を殺す機会を得、それを思いとどまるきっかけが宗近や篠塚でないのは二人が可哀相な気がしました。二人の椎葉への思いをわかっているようでわかっていない。でも、最後まで椎葉らしいなと思ってしまいました。

特に意外な展開があった訳ではないけれど最後の終わり方が好きでした。
宗近の傍にいるために刑事をやめるという椎葉。今まで宗近に犠牲をしいてきたから今度は自分が犠牲になると。極端な結論に椎葉の不器用さを感じずにはいられません。器用に生きてきた様で本当に不器用。結局、やめることはなく警視庁を離れます。新天地、エスも銃もないところで新しい人間関係を築いてる椎葉に嬉しくなりました。宗近との関係もラブラブなものが始まりそうですし。

最後の最後でこのシリーズ好きになれたような気がします。
英田先生、お疲れ様でした。

ブログパーツ
[BL小説]英田サキ | 18:09 | comments(3) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 18:09 | - | -
初めまして、こんばんは。
ヤクザスキーのBL小説リスト@共同管理人のあけみと申します。
(BLな毎日@管理人もやってます)

今回は、TBを送っていただきありがとうございました。
これからも、面白いヤクザもののBLとかご存じでしたら、教えてくださいね。
放置プレイにならないよう、こまめに更新していこうと思っています。
これからもどんどんTBを飛ばしてやってくださいませ。
| あけみ | 2006/11/24 12:20 AM |
あけみさん、初めまして、こんばんは!

最近ヤクザにはまり気味で素敵ブログタイトルに引き寄せられてしまいました。
お返しして頂けるとは思っておらずご挨拶もせず失礼しました(汗)
また、あけみさんのブログにも伺いますね!
管理の方も大変だと思いますがヤクザBLのために頑張って下さい。

コメント・TBありがとうございました!
| puri | 2006/11/24 1:28 AM |
こんにちは。英田さんの作品の感想を求めてやって来ました。
エスシリーズ、1巻は大変面白く読んだのですが、以降の感想はわたしもモヤモヤでしたf^_^;)
椎葉が頑なに愛さないことにこだわるのもそうですが、やっぱり一番は椎葉の気持ちがコロコロ変わることでした。同じことを感じてらっしゃる方がいてほっとします。

英田さんの文章は、…なんとなく説明的に感じてしまってニガテです。
セリフの後に必ずなぜそう言ったのかが書かれていて、すべてに※注釈とついている気分でした。

でも、最後まで読んでしまうし、続きが出ると聞くと読みたくなる作家さんです。

通りすがり失礼しました
| 通行人 | 2009/11/24 8:04 PM |
It comments.









Track back URL of this article
トラックバック機能は終了しました。
Track back
エス 残光
エス 残光 英田サキ / 奈良千春 ◇あらすじ◇ 警視庁組織犯罪対策第五課、通称「組対五課」の刑事である椎葉は、拳銃の密売情報を得る、言わば拳銃押収のスペシャリストだ。その捜査方法はエス(スパイ)と呼ばれる協力者を使った情報収集活動に重点がおかれている。
| ヤクザスキーのBL小説リスト | 2006/11/24 12:10 AM |