<< largo 榎田尤利ill.依田沙江美 | main | birdie ぼくらの恋愛心理学 アイン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
窮鼠はチーズの夢を見る 水城せとな
窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス
窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス
水城 せとな

こちらも評判の高い作品です。少女漫画雑誌に掲載されていたようです。そのおかげで偏見があるのかな?良くも悪くも少女漫画の匂いを感じました。作品としては面白いと思いましたが、辛口です。ご注意下さい。
評判の高さで期待も大きかったのですが、話の面白さは十分満足です。流される受けに盲目的とも思える執着を見せる攻めもBL的に好きなパターンです。

ただ個人的にどうしてもキャラクターが受け付けませんでした。まず主人公に魅力を見出せなかったのが辛かった。人に合わせて流されて生きていく生き方は優柔不断でも意味相手を傷つけたくない優しさの表れのこともあると思いますし、そういうふらふらしてる所に母性をくすぐられることもあると思いますが、そこに相手の気持ちを傷つけるというオプションがついた時に受け入れるのは難しかったです。

元カノにしても初めは芯の通った強くカッコイイ女性だと思っていたのですが最後の場面で本人を前に同性愛は気持ち悪い、女の自分の方が相応しいとしたり顔で宣言するところがとても読んでいて辛かったです。相手を引かせるためのかけひきだと思いますし、この狡猾さは彼女の弱さでしょうがこういった厭らしさを描くならきちんと厭らしく書いて欲しかったんです。何の躊躇もなく相手を傷つける言葉を紡いでいるのを見るのは不快でした…。

実際、笑顔で言葉の暴力をふるえるのが女性特有の厭らしさかもしれませんがモゴモゴ展開の面白さとは裏腹に生理的に受け付けない部分が大きすぎて上手く楽しめませんでした。個人的には好き嫌いがはっきり分かれそうな作品だと思ったんですがどうなんでしょう。とりあえずamazonさんのレビューはべた褒めですねぇ。私が異端でしたか!………たらーっ

ブログパーツ
[BL漫画]BL漫画総合 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 22:03 | - | -
It comments.









Track back URL of this article
http://bldiary.jugem.jp/trackback/28
Track back