<< 日記+拍手レスです。 3 | main | ひろさんからの指名バトンで牧志青 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ドアをノックするのは誰? 鳩村衣杏 ill.佐々木久美子
へ、へたれだ…!

私は受けからお風呂で背中流しましょうか、という据え膳だだ流しの誘いを擦り傷が痛いという理由で断るプレイボーイを初めて見ました。コラ、そこは我慢だ、おっさん!そんな訳でへたれ髭親父好きには絶品の一冊ですが、愛すべき40overのおっさんにギャハっと笑っているとやられます。天然受けは好みでないのに、泣きました。天然といっても世間知らずの初心なお坊っちゃんではありません。人間関係すべて母性愛父性愛なんです。

早くに両親を失い、年の離れた弟妹を育てた延長で、母性の限りを尽くして世話を焼きかしずいてくれる受け。でもそこに恋は無い。どんなに愛しても愛が返って来ない。言うことに従い、体も許してくれるのに感情がかえってくることがないんです。これに絶望し逃げ出す親父もへたれすぎて愛しくて仕方ないのですが、ぽつんと一人になった後、初めての恋に気付く受けがもう本当に本当に切なかった。鳩村さんの「虫」という表現にもシンクロしてしまい胸の中、その中心に向かって喰われていくような痛みに泣きじゃくりました。

受けがこんな性格になってしまった背景も悲しくて。
本来彼の環境に置かれたら誰もが思ってしまうであろう想いに罪悪感を感じ、それで自分を雁字搦めに縛ってしまってたんですよね。自分の感情を抑えて弟妹を育てる責任を全うするためだけに生きようとしてきた。その呪縛から解放して包み込んでくれた攻めと二人、立派に育った弟妹たちに見守られて幸せになって欲しい…と、まぁ、普通思うところなのですが。解放された受けが暴走するする(笑)とっても立派なカカア天下に見事に尻に敷かれきっているおっさんの哀愁やこれいかに。男前⇒へたれ⇒頑張るおっさん⇒ただいま、へたれたおっさん。と、へたれ親父好きには二度美味しい構成で大変満足、お腹いっぱいです。

佐々木さんの挿絵も顎髭親父がとっても渋くて最高でした。
親父のへたれ顔もまたいいんです。


「う……!」
ピリピリと痛みが走る。
だが、甲田はこらえた。これは愛ゆえの痛みなのだと。


バカだ(笑)
[BL小説]BL小説総合 | 22:19 | comments(8) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
- | 22:19 | - | -
こんばんは〜。
puriさんも好まれたようでよかったです!
40overでへたれでヒゲなんて攻めの作品を
嫌いになれるわけがないですよね!
…という点もあるし、頼久の「気づかない」天然ではなくて、
他の要因から「気づけない」天然には泣かされました。

お仕事大変忙しそうですが、お仕事も
BL(ほどほどに?)も頑張ってくださいね!
TBお返しさせて頂きました〜。それでは。
| aya-me | 2007/05/06 9:33 PM |
aya-meさん、こんばんは!
aya-meさんのレビューで気になっていたのですが本当素敵な作品でしたvありがとうございます。

41歳という年齢を見た瞬間テンション↑↑でした。
表紙みた感じでは30半ばぐらいかなぁと思ってたので嬉しい誤算で(笑)
親父の哀愁も開き直った強さも持った甲田かなりお気に入りです。

頼久には泣かされましたよね〜。
世間知らずの天然ちゃんはあまり好きでないのですが、彼の天然は本当キました。
だから彼の天然ぷりに振り回される甲田に笑いはしてもコメディという感覚ではなかったのですが。

社会人歴ようやく1ヶ月でまだまだ
新米なので仕事とBLのバランスを探り中です。
先輩またご享受下さいませ!(笑)

TBありがとうございました〜。
| puri | 2007/05/06 10:05 PM |
私も今日から読み始めました。
オヤジに癒される…(T▽T)
| okapi | 2007/05/07 10:48 PM |
puriさん、こんばんは〜

>男前⇒へたれ⇒頑張るおっさん⇒ただいま、へたれたおっさん。
おぉ!まさにそれです。
へたれオヤジが二度味わえる作品でしたね(笑)
するめのように良い味出してましたw

甲田がこんなキャラなのに、一方の頼久には泣かされました。
泣ける話なのに、ほどほどに息を抜ける場面もあって、このバランスが巧いですね。

TBさせていただきました。
ではでは!
| にゃんこ | 2007/05/08 1:10 AM |
okapiさん、こんばんは!
いつもこっそりTBありがとうございます(笑)
なんだか癒されてますv
そのくせお返し滞ってますが…(汗)

甲田はかなりハイレベルな癒し系髭親父だったと思うのですが、どうでしょ〜?
親父だけでなく恋愛部分で価値観のズレって本当切ないものがあると思うのですが、この本はその切なさが本当に切なく描かれていて、大好きでした。って、okapiさんちの記事のコメントをここで書くのって反則ですな…。
| puri | 2007/05/26 10:39 PM |
にゃんこさん、こんばんは!
お返事本当遅くなってごめんなさい(涙)

本当するめのように良い味でしたv
って考えたらなんだか甲田ってするめに似てるなぁ…なんて思えてきたり(笑)ひょろひょろへたれているけどなかなか千切れない強さもあって似てませんか?まぁ、するめに似てるなんて言われて喜ぶひとはいないと思いますが(笑)

本当絶妙のバランスでしたよね!
笑えるところもたくさんあるのに泣かせるところでそれが邪魔しないのが上手いなぁと。って、なんだかにゃんこさんのコメントなぞってるだけのレスな気が…。ボキャブラリー貧困ですみません(汗)

今更ですが、後ほどTBお返しさせて下さいませ。
| puri | 2007/05/26 10:46 PM |
いんや〜。ココも読んでますよ、しっかり(^m^)
人間関係の微妙なズレが表現出来る作家さんってなかなか出会えないのですが、まったく「無い」という訳ではないのでさまよう訳です。腐海をですね…orz

ヘタレオヤジ同盟参加します!!
たまにはどうどうとTBいただいていきますぜっ!
| okapi | 2007/05/26 11:15 PM |
okapiさん、三度こんばんは!

こんな更新ほとんどできないブログのコメ欄という僻地までありがとうございます〜(感涙)

そうなんですよね。ポイント突かれるとすっごくはまるのに痒いところに手が届く作品に出会うのは難しい。そうやって腐海を彷徨ってるうちに脱線を繰り返してやたらマイナー路線に突っ込んだり深みにはまっていってる気もしますが(笑)

ヘタレ親父これからも一緒に愛でていきませうvたまにいじめてみたくなったりして困りますが(笑)

TBありがとうござます!
堂々verでも癒されました(笑)
| puri | 2007/05/26 11:45 PM |
It comments.









Track back URL of this article
トラックバック機能は終了しました。
Track back
『ドアをノックするのは誰?』/鳩村衣杏(佐々木久美子)
ドア=心理学的には、解放や抑圧という解釈があるようです。 それが正しいかどうかは知りませんが、私はその解釈に 納得できますし、その意味合いに近いニュアンスで 使われていることが多いですよね。 月村奎さんの『もうひとつのドア』なんてその典型ですが、
| ゲイ&腐男子のBL読書ブログ | 2007/05/06 9:27 PM |
ドアをノックするのは誰?
ドアをノックするのは誰?鳩村 衣杏 Amazonで詳しく見る by G-Tools 評判を聞いて読んでみました。 派手ではないけど地に足が付いた作品でした。 大満足! 【ドアをノックするのは誰?/鳩村衣杏/佐々木久美子/シャレード文庫(2
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/05/08 1:10 AM |
ドアをノックするのは誰? 鳩村衣杏
ドアをノックするのは誰?鳩村 衣杏 (2007/03)二見書房 この商品の詳細を見る遊び人の大学助教授(41)×美貌のリーマン(33) 鳩村さんは実は未読山脈に2〜3冊組み込まれております。 この本は各所での評判が良かったのと
| 備忘録 | 2007/05/26 10:51 PM |