<< 美男の殿堂 DX 神葉理世 | main | 東京魔人学園剣風帖 龍龍 1〜4話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
天国へ行けばいい 円陣闇丸
評価:
円陣 闇丸
フロンティアワークス
円陣さんの挿絵は大好きなのですが漫画は初めてです。
当初買うつもりはなかったのですが、表紙の二人を見た瞬間手にとっていました。やっぱり絵は文句なしに麗しい。このシックなカラーに惚れました。

内容の評価は少し辛目です。
いろいろもったいないなぁと思った作品でした。


元ヤクザ×元ボクサー

事故で死んでしまった二人がある条件を満たし時間を遡って生き返ろうというライトファンタジーものです。男×男してる上にセクシーな絵も相まって萌えツボにはストライクなはずなんですが、ストーリーの構成がちょっと行き当たりばったり感がするせいか世界観に入り辛かったです。次から次へと新しい設定・人物・目的・感情が出てきて感情移入する前に新しい展開になってしまう。

こういった話は突き詰めるとタイムパラドックスでどうしても矛盾が生まれるので重箱の隅をつつくのは悪趣味だと思うのですが、それを差し引いても話においてけぼりをくらってしまいました。攻めが慕っていた男の死過去を変えようとしてるのはわかるのですが、彼らの行動がその変化にどう結びついてるのかがわかりにくいんです。ただ時間を巻き戻してるだけ?でも彼女は自在に時間を飛ばしてる訳だからそれも意味ある行動ではない。むしろ過去を変えさせないためにあちこち飛ばす彼女の方が正しいように思えてしまいました。娯楽と名言してるので悪者になってますが。

細かく描写がある割には一番知りたい仲間意識が恋愛へ昇華する過程、攻めの生き方を変えたのは受けの戦う姿だったのか兄貴分の男の死なのかも曖昧ですっきりしませんでした。あとは生かされていない設定が多いように思います。精液を集める設定を初めに出して置いて全くエロくないのはひどい…。というのは置いといて(笑)もっと攻めに嫉妬させるとか、受けが葛藤を覚えるとかあったら萌えれたのになぁ、と。恋愛部分とエロは書き下ろしに詰め込みました感があったのが本当もったいなかったです。

辛口並べましたが、面白くないって訳じゃないんです。
萌えそうのに萌え切れない。むしろあとちょっとだから辛口なるというか。伝えたいことはわかるんだけど心に響いてこない。さらっと流して読めば意味がわかりにくいし、よく読み込めば設定の末広がりさが目に付く。なんとも不完全燃焼でもったいない印象でした。
[BL漫画]BL漫画総合 | 20:55 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 20:55 | - | -
こんばんは!puriさん。
お久しぶりにTB頂きがてら、コメントにもお邪魔します♪
ミニBBSのお返事になりますが、いつの間にか普通に見れるようになってました。
ブラウザをFireFoxに変えたからかなあ?
結局理由が良く分からず…最近は大抵のブログを閲覧できるようになって幸せです♪

さて、円陣さん。
私もこの作品を大変興味深く読ませて頂きました。
web上で好悪両極の感想も実に沢山読みました。
そして、いずれの感想も納得できるというかよく分かるというのが私の印象です。
私も萌え軸では萌え切れなった口なので、余計に余計なことに頭悩ませ続けてしまいました(笑)。
まあ、ウチの記事はそんな混乱の記録
なんですが、よろしくお願いしますね。
ではでは!
| tatsuki | 2007/03/12 8:30 PM |
tatsukiさん、こんばんは!

うちのブログ見ていただけるようになって本当よかったです!ブラウザではIEでしか確認してなかったのでわからないのですが(汗)

tatsukiさんの記事を拝見しましたが、大変面白かったです。円陣さんが何を伝えたかったのか、これが私には感じ取れなかった(むしろ一貫したテーマがそこにあったのかもよくわからなくて)のがこの本を純粋に楽しめなかった最大の原因ですので、それももっときちんと考察して突き詰めていればよかったなぁ、と既に手放してしまったことを少し後悔してます。

斬新な切り口のレビューいつも楽しみにしています。こちらは単純に萌・萎・面白いぐらいしか書いてませんが(笑)よろしくお願いしますねv

TBありがとうございました!
| puri | 2007/03/12 9:35 PM |
It comments.









Track back URL of this article
トラックバック機能は終了しました。
Track back
天国へ行けばいい
今回は、感想は諦めました…大変難解な作品です、覚悟してください。 どうも円陣さんは、自身の漫画作品でBLジャンル自体を脱構築しているように見えます。 (二次パロディとしての)「やおい」がオリジナル作品をBL方向へ脱構築
| la aqua vita | 2007/03/12 8:17 PM |