<< 普通の男(ひと) 普通の恋 榎田尤利ill.宮本佳野 | main | 九龍妖魔学園紀4コマギャグバトル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
さよならを言う気はない 英田サキill.北畠あけ乃
さよならを言う気はない
さよならを言う気はない
英田 サキ, 北畠 あけ乃

エスシリーズが大人気の英田さんの作品です。
へたれ探偵×凶暴ヤクザ(眼鏡!)という甘い匂いと北畠さんの挿絵につられて
ふらふらと購入しました。
少し辛口かもしれません。(この本は好きですよ!)



萌えの守備範囲は無尽蔵に広い自覚があるのですが
文章の好みはとても狭かったりします。
文章力のあるなしではなく、ただなんとなく受け付けないなと思うのが多いんです。それ以上は分析しないので結局理由は自分でもよくわかりません。具体的に思いつくのは、地の分で俺は〜、僕は〜の一人称で進行するものキャラが台詞や( )で逐一心情を説明するものが苦手です。

実は英田さんも苦手な作家さんの一人です。エスシリーズも読みました。キャラの設定、シチュエーション、台詞のやりとりとが萌えツボのど真ん中を突いてくれるのですが、何故か文章と展開がどうしても…。それでも萌に任せて全部読みましたが、文章に酔ってしまいました。

人気シリーズだけに自分でも残念なのですが、昔サスペンスものの本が好きで読み漁っていたせいかもしれません。無意識に比べているのかも。お話にしてもやっぱりこういうストーリーだと萌やキャラの心情重視ではなく展開に重きをおきたくなります。そうなると逆に萌る展開がご都合主義に思えてくるんですね。うーん…。

それで今回の本は事件性を切り離して読んだらすごい楽しかったです。37歳の元刑事のへたれた探偵陣内と凶暴で傍若無人の美人のヤクザ天海。

昔天海が父親を刺したのは自分が救えなかったからだとヤクザになってしまった彼に負い目を感じる陣内に、過去の事件を自分の弱さのせいだと強さを求め必死でのし上がってきた天海に胸が締め付けられます。
塵埃を殴り、脅す天海ですが、8年前に寝ている陣内にまたがるほどに陣内大好きです。
一方、的場はへたれゆえに寝てふりを続行してうやむやに。最後はようやく陣内が観念して自分が天海に罪悪感だけでなく惹かれていることを認めるのですが、また天海の誘い受けというか襲い受けっぷりが見事です。言葉責めの嵐です。やらしい言葉、下品な言葉連発です。Hの途中だけでなく普段からですから恐れ入りました。

かといって、陣内と関係を持ったあと、自分を愛することを強要せず、身を引こうとする一途さにぐっと来ます。飴と鞭の使い分けを心得てらっしゃいます。(違)襲い受け、誘い受け、ヤクザ受けが心のアンテナ(BL専用)に少しでもひっかかった方は是非読んでみてください。

好きな台詞
「おい。運転中に俺の乳首の感触思い出して、ボーっとするんじゃねぇぞ。事故るから」
「男ならな、持久力がない分、回数でカバーしろ。それが相手に対する誠意ってもんだ」

陣内哀れ…。
[BL小説]英田サキ | 18:34 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 18:34 | - | -
ま・ま・的場…?
すみません立て続けに。明日休日で遠出してBL狩しようとレビューをナナメに走り回っています。ブログ主さんの傾向を知るために自分の既読本もみてまわってるんですが、

あれ?攻は陣内では?
| さあ | 2008/08/04 4:54 PM |
さあさん、こんばんはー。

的場…本当に誰なんだろ……。(おい)
ひぇぇぇー、本当にすみません!
陣内も混ざってるから余計不思議です、…自分の頭がOTL。
何度もご指摘ありがとうございます。
| ぷり | 2008/08/07 11:37 PM |
It comments.









Track back URL of this article
http://bldiary.jugem.jp/trackback/16
Track back
さよならを言う気はない
さよならを言う気はない 英田 サキ / 北畠 あけ乃 ◇あらすじ◇ 三年前に警察をやめ、現在ひとり「陣内探偵事務所」を経営するしがいない探偵、陣内拓朗。彼にはもっとも苦手とする男がいる。それは新宿歌舞伎町一帯をシマに暗躍する美形だが強暴なヤクザ、天海泰
| ヤクザスキーのBL小説リスト | 2006/11/24 12:14 AM |