<< コンティニュー? いつき朔夜 ill.金ひかる | main | 同人誌 真夜中に抱く光 砂原糖子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
月神(ダイアナ)の浅き夢 柴田よしき
月神(ダイアナ)の浅き夢
月神(ダイアナ)の浅き夢
柴田 よしき

「聖母の深き淵」では麻生が黒く染まり、「月神の浅き夢」では練に光があたっている。でも、最後の静かな希望に満ちた終わり方をどうにもやりきれない想いでしか読めなくて苦しかった。

拍手する


窓の外の長い夜は、街灯に照らされて、随分と、明るかった。

「聖なる黒夜」の最後の一文。
私は練が堕ちた黒い夜は静かな光に照らされ明けたものだと理解していました。でも実際は違う。夜明けは来ず黒い夜は続いていた。

そして「月神の浅き夢」の最後、夜を明けさせるのは太陽だと書かれてます。それがすごい悲しかった。共に堕ちた麻生にはもう太陽になれない。緑子には勝てない。

冤罪の真実を求めたことで麻生は太陽になれなかった。
同じ道を歩もうとする緑子は輝いている。
それでも彼は満足なんだろう。夜明けの到来と共に、役目を終えたことを知った外灯は太陽に感謝しそっと自分の光を消すことをきっと選ぶ。
ずっと一人で真っ暗な夜の闇をひっそりと照らし続けていたのに。
あまりにも救われない。不憫です。彼が堕ちた意味は?

練が緑子にどう答えるかは描かれず、余韻を残した最後になっていますが、この終わり方はすごく辛かった。練が救われさえすれば過程がどうであれ麻生は幸せを得るのだろうから一読者のエゴにしか過ぎないかもしれませんが。

「聖なる黒夜」を読み返せば練は最後、ちゃんと麻生の言葉に救われていて、束の間でも幸せそうな生活を送れている。麻生の光もなくてはならないことは十二分に伝わってくるのですが、淋しさもやっぱり消えなくて。…二人の決着はもう見れないのでしょうか。
あとは静香も救ってあげて欲しかった…かな。


それにしても毎回このシリーズは読み終えると放心してしまいます。
心臓も痛い。本気で体に悪いんと思うんですが……!
[その他]柴田よしき | 05:08 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 05:08 | - | -
puriさん、こんにちは〜

この二人を見ていると、やりきれない気持ちでいっぱいになりますね。
麻生は太陽ではないけれど、月になって、夜が明けてもそっと見守っている存在になったらいいんじゃないでしょうか。
あーでも個人的にはそんな儚さよりも、力強く愛しあうふたりが見たいんですけどね…。
でも、どんな形になったとしても、ふたりの行く末を見守っていきたいです。

>本気で体に悪いんと思うんですが……!
まったくです。
でももうこれは中毒なので、そのうち禁断症状に襲われると思います(笑)

TBさせていただきます!
ではまた。
| にゃんこ | 2007/07/23 11:16 AM |
にゃんこさん、こんばんは!
お返事遅くて本当ごめんなさい。

聖なる黒夜読んだときは練の想いが切なくて苦しかったのですが、RIKOシリーズを読むと麻生が切なくてたまらなかったです(涙)

麻生なら本当そっと見守って、練が生きているだけで幸せだと思い込んで生きて行きそうだなぁ…。なんて妄想で泣きそうになる時点で相変わらず重症な頭です(苦笑)

早く続き読みたいですよね。
時間がたってもなかなか萌えが冷めてくれないやっかいなシリーズですが、一緒に一生縋りついていきましょ〜v
| puri | 2007/08/04 1:18 AM |
It comments.









Track back URL of this article
http://bldiary.jugem.jp/trackback/150
Track back
月神(ダイアナ)の浅き夢
月神(ダイアナ)の浅き夢柴田 よしき Amazonで詳しく見る by G-Tools RIKOシリーズの第3弾。 今までにも増してバイオレンス度の高い作品で、読んでいて寒くなりました…。 そしてやっぱり麻生と練が主役を喰ってます。 前作
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/07/23 11:16 AM |