<< やってやるっ! 剛しいら ill.石原理 | main | 何でやねん!1 久我有加 ill.山田ユギ  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
美男の逆襲 剛しいら ill.ライトグラフ
美男の逆襲
美男の逆襲
剛 しいら

実は外国人BLってあまり好みではないんですが、これはすごく面白かったです。毒舌受けが相手が理解できない日本語で毒づき、それを勘違いして攻めが盛り上がる。バイリンガルにこんな美味しい使い方があったとは…!


ハリウッド俳優×特殊メイクアップアーティスト(日本人)

まずこのお話を楽しむにあたって重要なのが、特殊メイクぐらいで他人になりすませるわけないよ!なんていう無粋な突っ込みを封印することです。ありえないてれちゃうと思いつつその状況を楽しむのが吉です。

受けの阿久里がなかなか容赦ない性格の持ち主です。美しいものを醜くかえることに生きがいを感じ美しいものは興味がない。阿久里自身整った顔なのですが、それを嫌いぼさぼさ頭に黒縁眼鏡といったオタク仕様に仕上げています。オタク好きの血が騒ぎました。眼鏡途中からとってしまったのが残念でなりません。せっかく可愛かったのに…。

阿久里の素顔を知り迫ってくるハリウッド俳優ローランドに対しても無関心です。口説かれても軽くスルーです。それでもちやほやされることに慣れきったローランドは粘って来るんですね。そうすると冒頭で書いたように英語で相手を牽制しつつ、日本語で毒を振りまくようになります。特にベッドの上では悪態をつきまくる阿久里とそれを睦言だと勘違いして幸せに浸ってるローランドが可笑しくてしかたありませんでした。なんて色気のない初Hなんだ…揺れるハート阿久里がまた本当に痛そうで(笑)ローランドからは隠れへたれの匂いがします。

ローランドは自分を特別視しない阿久里に、阿久里も自分にはない正直さ積極さで自分の思いを伝えることのできるローランドに惹かれていきます。それでもローランドが勝手に盛り上がり、それに阿久里が呆れるという構図が変わらないのが嬉しいです。ラブラブになった二人は特殊メイクを駆使して逆襲に乗り出します。ぶっちゃけこの逆襲自体は大したものではないのですが、楽しんでいる二人にこちらも楽しくなりました。

最後に収録されたショートストーリーが秀逸でした。老いていくことを誇りに思っているとローランドの母親マーゴは言います。とても幸せだから何も怖くない。美しさを売っているローランドは老いに怯えていました。阿久里という自分にとって一番大切なものを見極めることができたから彼は救われたとマーゴは言ってくれるんですね。美しく老いることには幸せであることが必要、すごくいい言葉だなぁと思います。この言葉と同時にキスをする二人がとても素敵でした。

あとがきで剛さんが映画を一本とっているような感覚で作品を書いていると書かれてありましたが、すごく納得しました。だからメリハリある場面展開で一気に読ませてくれるんですね。確かに剛さんの本を一冊読むのと映画を一本見た後の気分が似ているように思います。だからまた次の作品と手を出したくなるのかもしれません。

ブログパーツ
[BL小説]剛しいら | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 14:54 | - | -
It comments.









Track back URL of this article
http://bldiary.jugem.jp/trackback/102
Track back