スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
愛を食べても 剛しいら ill.ひたき
最近病んでるなぁ…とよく思います。
仕事は楽になってるはずなのに、前より疲れている感じ。
気が付いたら山藍紫姫子先生を買い漁ってしまいました。
……疲れてるよなぁ。

といっても、今回は山藍先生じゃありません。
久しぶりの剛さんです。彼女しか書けんだろう、という作品でした。
宇宙人乗っ取られBL。トンデモ設定なのに自然と受け入れてしまいます。なぜ。
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0)
ボクサーは犬になる―ドクター×ボクサー〈1〉 剛しいら ill.石原理
医者攻めということで敬遠していましたが、なんとなく手にとってみました。
いやぁ、やっぱりすごいです、剛さん。
こういった作品に出会えるから彼女はやめられない。

医者攻め以外にも監禁調教ものってあまり好きではないんですよね。
今更信じてもらえないかもしれませんが(笑)
BLはファンタジーと思ってもどうしても体が快感に溺れて好きになってしまうという過程に違和感を覚えて冷めてしまうので。
(そこをクリアした作品にはどっぷり深みにはまることは重々身にしみておりますが。笑)

だから序盤で加藤の一方的な偏執にはむしろ引き気味だったのですが、その狂気を生んだ彼の弱さが描かれるに連れて引き込まれていきました。愛し方を知らず、犯罪に走り暴走するも彼は狂いきれていないんですね。徹が逃げた後、全てを諦め警察に連行されるのを待ち続ける加藤が悲しい。気の迷いや妄執にとらわれているのではなく、徹を手に入れる手段を他に知らず、そして本当に人生をかけていたんですよね。徹を監禁しながらも常に不安で孤独な加藤がすごく印象深かったんです。徹と結ばれた後も、加藤と同様に妄執的で一方的な想いを押し付けようとする人物を登場させて加藤がした犯罪を責め弱さを露呈させるところに剛さんの面白さを感じました。

孤独に生きてきた徹が加藤に惹かれていく過程も不自然ではなく、主人とペットという関係を望んで二人が結ばれた後もお互い対等に愛し合っている様が素敵でした。監禁しないまでも独占欲丸出しの加藤も楽しかったですし!

私の趣向とは微妙にずれていたので萌えたぎったという訳ではありませんが
人間の弱さがすごく面白く料理された作品だったと思います。
評判の高さも納得でした。
[BL小説]剛しいら | 01:52 | comments(4) | trackbacks(0)
美男の逆襲 剛しいら ill.ライトグラフ
美男の逆襲
美男の逆襲
剛 しいら

実は外国人BLってあまり好みではないんですが、これはすごく面白かったです。毒舌受けが相手が理解できない日本語で毒づき、それを勘違いして攻めが盛り上がる。バイリンガルにこんな美味しい使い方があったとは…!
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0)
やってやるっ! 剛しいら ill.石原理
やってやるっ!
やってやるっ!
剛 しいら

辰巳シリーズ完結編です。巻数が進むごとに面白くなりますね。やっぱり展開は任侠物の王道なんですけれど、それをだれずにスリルある面白いものに仕上げているのに上手さを感じます。そういえばこの3冊目だけ絶版なようです。もったいない。
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 16:08 | comments(2) | trackbacks(0)
おとしてやるっ! 剛しいら ill.石原理
おとしてやるっ!
おとしてやるっ!
剛 しいら

辰巳シリーズの第2弾です。続編って期待はずれだと感じるものが多いのですがこれはさらにはまりました。展開は王道なんですけど、辰巳と安東を初め、各々に確固たる信念を持つキャラクターたちが本当にかっこいい。任侠BLここに極まれり、とまで思ってしまった一冊です。
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 14:43 | comments(2) | trackbacks(0)
はめてやるっ! 剛しいら ill.石原理
はめてやるっ!
はめてやるっ!
剛 しいら

「顔のない男」シリーズ以外中々合うものに出会えず、敬遠気味だったのですが最近急に読みたくなり(季節がら?)いろいろ買い漁りました。1冊目がまずこれ。今流行の(?)現代801ヤクザというより本当に任侠映画のような雰囲気です。ヤクザ幹部の辰巳が誘い受けでエロエロですが、そういった彼が義理・人情を重んじるギャップがいい。BLの部分では部下の安東との関係があまりにも甘美でした。
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 17:57 | comments(4) | trackbacks(1)
顔のない男 剛しいらill.北畠あけ乃
顔のない男
顔のない男
剛 しいら

剛さんの作品は乱れうちのごとく発売されるのでどれを読むか迷っていたのですが評判がいい、北畠さんの挿絵ということでこちらを購入したら大当たりでした。萌えとか抜きにストーリー展開に圧倒されました。奇抜な設定を自然に見せるのは、とても難しいと思うのですが脱帽です。
続きを読む >>
[BL小説]剛しいら | 04:36 | comments(2) | trackbacks(2)